パソコンやスマホをよく使う時代だから無視できないアイケアのコツ

いま私達の生活において、パソコンやスマートフォンは切っても切り離せない物となっています。
しかし、パソコンやスマートフォンの普及により生活が便利になった反面、使い過ぎによる目の不調を感じている人が少なくありません。
本来であれば時間を決めて使いすぎない事が理想なのですが、そうはいかない時も多いですよね。
そんな時は、パソコンを使いながらでも簡単にできるアイケアを行いましょう。

目のストレッチは道具も場所も必要としないので、一番お手軽にできるアイケアのひとつです。
固くつむった目をパッとあけたり、眼球を左右にクルクルと回すことで、目の周りの筋肉をほぐし疲労を回復してくれます。
また瞬きをすることで目を保護する分泌液が出ますので、最近よく聞くドライアイにおいても効果があります。
日常的に長時間使用する方には、パソコン用のメガネもおすすめです。
画面から常に放出されているブルーライトは、非常にエネルギーの強い光で目に直接ダメージを与えてしまいます。
ブルーライトカット仕様のメガネを着用することで、ダメージを減らし目を保護しましょう。

目の疲れは頭痛や肩こり、ひどい場合には吐き気などの倦怠感を引き起こすほか、視力の低下にまで至る事もあります。
また、放っておくと重大な病気につながる恐れもあるのです。
現代病とも言える眼精疲労なのです。
自分のスタイルに合ったアイケアで、目を労りながら上手にパソコンやスマホと付き合っていきましょう。