年齢が現れる目元のケアどうしたら?美容視点でアイケアしよう

年齢が現れる目元のケア、あなたは正しく行えていますか?
間違った方法ですと、かえってしわ、たるみの原因になってしまいますので注意が必要です。

まず覚えていて欲しいのは、目の周りは非常にデリケートだという事です。
目の周りの皮膚は他と比べとても薄いので、慎重にケアをする必要があります。
目元のケアで真っ先に思い浮かべるのがマッサージという方もいらっしゃるかと思いますが、これは控えた方がいいでしょう。
皮膚が引っ張られ伸びてしまい、しわが出来やすくなったり、強い摩擦や刺激により角質を傷つけ、その結果くまが濃くなってしまう可能性もあるのです。
目元の血行を良くしたいのであれば、温めたタオルを乗せるなどして対応してみてください。
また、アイメイクを落とす際にもゴシゴシこするのは禁物ですよ。
アイメイク専用のリムーバーを使用し、なるべく刺激を与えずメイクをきれいに落としきる工夫をしましょう。

肌の乾燥は小じわやしみの原因となりますので、こまめな保湿をおすすめします。
そして乾燥を引き起こす元となる、紫外線への対策も合わせて行うといいでしょう。
化粧下地をUVカット仕様の物に変えたり、目元用のクリームや美容液を毎日のケアに加え、お肌に潤いを補給してください。

顔の印象を決めるのは、90パーセントが目元と言われています。
疲れた目元は相手に年齢を感じさせてしまいますので、正しいアイケアで、明るく若々しいイメージを手に入れましょう。