パソコンと向き合う人のアイケアはブルーライト対策がカギ

ブルーライトという言葉を、最近よく耳にしませんか?
パソコンの画面などから出る青い光の事を指しますが、その光の影響により、目の疲れに悩まされている方が多くいらっしゃるそうです。
日々パソコンと向き合っている方は、目の健康のためにもブルーライト対策を取るよう心がけて下さい。

そもそもブルーライトとは、可視光線の中でもエネルギーがとても強い光だとされ、見続ける事で目に悪影響を及ぼすといわれています。
その強力な光は真っ直ぐに進む性質をもち合わせているので、目の奥の網膜にまで届き、直接的に刺激を与えてしまいます。
またピント調節の際も負担がかかりやすいので、目を疲れやすくさせてしまうのです。
そこで大切になってくるのが、目に入れるブルーライトの量です。
画面から出るブルーライトを軽減し、目の負担や刺激も減らしましょう。
すぐに行える方法でおすすめしたいのが、ディスプレイの明るさを下げ、光そのものを減らす事です。
パソコンの画面設定からすぐに変更できますし、道具も必要としないので簡単に行う事ができます。
その他にも、光の量を自動で調節してくれるアプリや、ディスプレイに貼る保護フィルター、またブルーライトカットのメガネなども販売されていますので、合わせて使うとより効果的に軽減できそうです。

この様に、ちょっとした工夫でブルーライトの影響は減らす事ができます。
毎日使う物だからこそ、健康の事も考えて対策を取っていきましょう。