あなたは大丈夫?アイケアをすぐに行うべき危険信号をチェック

寝ても疲れが取れないとお悩みの方や、慢性的な頭痛にお困りの方。
もしかしたらそれ、眼精疲労かもしれません。

パソコンやスマートフォンを使用する私達の生活において、眼精疲労は現代病とも言われております。
通常であれば睡眠などで目を休めることにより、ある程度の目の疲れは回復されます。
しかし日常的に目の痛みがあったり、物がぼやけて見えるなどの症状がある場合、眼精疲労になっている可能性が高いといえます。
パソコンやスマートフォンを長時間使わないからといって、安心してはいけません。
めがねやコンタクトを使用している方は、度数の合わないレンズを使用する事で目が疲れ、延いては眼精疲労につながる危険性があります。
眼精疲労が引き起こす症状は目だけとは限りません。
先ほど記述した倦怠感や頭痛も、眼精疲労による症状のひとつとして挙げられており、またそのまま放置した場合、吐き気や不眠、軽いうつ症状なども引き起こす恐れがあると考えられています。
肩こりがひどい、目が乾く、食欲がないなどと感じていませんか?

そのような症状に心当たりがあれば、一度アイケアを行ってみて下さい。
目の周りをマッサージしたり、蒸しタオルなどで温めてあげると血行が良くなり目の疲れが取れやすくなります。
ブルーベリーなど、目にいいとされる食品を取り入れるのも効果的ですよ。
たかが目の疲れと放っておくと、知らないうちに体全体に支障をきたしてしまうかもしれません。
そうなる前に、早めのケアをおすすめします。