目の疲れに癒しを・アイケア効果が期待できるツボ押しの情報

目の疲れを癒したい時には、手軽に行えるツボ押しを試してみてください。
目の周りには数種類のツボがあり、短時間で効果的に疲れをとる事ができますよ。

目がしらの少し上にあるツボは晴明と呼ばれ、目のツボを代表するものです。
鼻の付け根を両脇から挟むように、3秒押して緩める、3秒押して緩めると何度か繰り返すと目がスッキリします。
その時に眼球を圧迫しないよう注意してください。
眉尻と目じりの間から少し外側には、太陽と呼ばれるツボがあります。
両手の三本の指を添えて、軽く円を描くようにクルクルと押し回してみましょう。
太陽は疲れ目のほか、老眼予防にも効き目がありますので、マッサージの習慣をつけてもいいかもしれません。
承泣という、目の下の骨に沿ってあるツボは目の病気やくま、たるみに効くとされます。
先ほどと同じように三本の指を揃えて、骨を下に押すように刺激してください。

目の疲れを取るツボは目の周りだけではなく、両足の人差し指、中指の付け根にもあります。
右足は左目、左足は右目と左右逆に対応しているそうなので、その点に注意し軽く揉みほぐすようにマッサージを施しましょう。
また肩の中心部分や、うなじの少し上の部分を押すのも、目の疲れを癒してくれますよ。

どの個所にも言える事ですが、ポイントは心地よいと感じる強さで押すことです。
強く押しすぎても効果が高くなるわけではありませんし、かえって痛みにつながる事もあるので気をつけましょう。